フリーガー・アルムバンドゥーア【dir Flieger Armbanduhr】つまり航空腕時計。男心をくすぐる渋いフリーガーな時計がIWCとかShinとかから発売されています。特にIWCは非常にかっこいいのですがいかんせん高すぎます。ETAにそんなに払えるか!と負け惜しみを吐く前に、いっそ自分で作ってしまいます(もっと負けてる)

 我らがセイコーファイブは丈夫で安価故に世界中の過酷な環境で活躍するプロフェッショナル達に愛用されています。海外限定販売の7S搭載ダイバーに代表されるプロフェッショナルなファイブ。ミリタリーデザインは有りますがフライトデザインが少ない。しかも計算尺がついたりしたゴテゴテばかりで「フリーガー」でググって出てくるような渋いマークシリーズ風は無いです。ぜひラインナップして欲しいものです。。。
 ちなみにプロフェッショナルなファイブのイメージは、
・オメガのシーマスが便器の味のマティーニを飲む女たらしの殺しのプロフェッショナルなら、セイコーダイバーは海上連絡橋建設工事で毎日潜水する潜水士
・IWCがメルセデス・ベンツ・ウニモグならファイブはイスラム国のジハード戦士とか正規イラク軍とかAU(アフリカ連合)の連合PKO部隊が乗るケツにでっかくTOYOTAとかNISSANとペイントされたピックアップトラック
です。
 そんなプロフェッショナルなファイブにふさわしい質実剛健で渋いフリーガーなファイブを作っていきます。

〈分解〉
 何はともあれ分解していきます。分解についてはファイバーな方なら皆さんご存知のファイブ実験室をご参照下さい。

IMG_1972
裏蓋を開けるにはスクリューバック専用の開閉器が必要です。
開閉器の爪で傷つかないようラップで保護します。
開閉器はケチらないほうが良いです。
安価なものは固定が甘かったりします。


photo_editor_1488532897362
画像の向きで開閉します。
開閉器の爪がしっかりと噛むまで締め上げてから。


IMG_1974
開きました。
次はローターを外します。
外さないでそのままローター側を下にしてムーブメント台に置くと、ローター軸が歪みますので必ず外します。


photo_editor_1488533243801
ローターのネジは中央に向かって傾斜があります。


photo_editor_1488532845865
ドライバーを削ってネジにピッタリの形状にすると確実です。


IMG_1977
ムーブメントを取り出すにはオシドリの凹みをピン先で押さえてリュウズを抜きます。


IMG_1979
取った部品は失くさないように箱に入れておきます。


〈製作〉

IMG_2015
文字盤の材料は0.5mm厚のアルミ板。
コンパスカッターで円形に切り込みを入れます。


IMG_2034
IMG_2032

切り込む寸法を正確にしないとベゼルの文字盤用溝まではまりません。
上図だと文字盤が大きすぎです。
下図の様にリュウズチューブが全部見えるのが正解です。

IMG_2018
分度器を使って目盛りを入れます。
紙に予め分度器を使って線を書いておいて、定規とカッターで目盛りを彫ります。


IMG_2020
カレンダー穴を開けます。
ケガキをしてから中央部にいくつか穴を開けて、鋼鉄製精密ドライバーをノミにして穴を開けます。
アルミは柔らかいのでノミを手で押し込むだけで切れます。
ノミの尻をハンマーで叩いたりしなくてもいいです。
気をつけないとカレンダー穴の周りも陥没しますので慎重に。。。


IMG_2021
仕上げはヤスリで。
直線になるように調整します。


IMG_2016
円形の切込みの周りをペンチで全周をグイグイやるときれいに取れます。
目盛り入れ、カレンダー穴加工まで切り取らない方が楽に保持できて作業がし易いです。


IMG_2036
取れました。
目盛りの溝を均一に、深くなるように、カッターで数回彫ります。


IMG_2039
針は今回はアルミ缶から切り出しました。
針の穴はムーブメントのツツカナと現物合わせで慎重に広げていきます。


IMG_2040
文字盤の表面を均一に磨いてからスプレーで塗装。
アルコールやシンナーでの脱脂も忘れずに。
塗装前の磨きで塗装の出来が変わります。
大きめのヤスリ傷とかが元になってダマになります。


IMG_2044
目盛りの墨入れはチョークでw
溝が埋まったら指でw拭き取ります。


IMG_2041
意外とキレイにできます。


IMG_2043
インデックスの夜光テープを貼っていきます。
夜光テープはホームセンターなどで買えます。
「蛍光」は光りません。「夜光」を買います。
夜光(蓄光)塗料よりもテープはお手軽です。
サーフェイサー(白色の下地塗料)も不要なので。


IMG_2031
インデックスや針は太すぎるとみっともない(よね?)ので細くします。


IMG_2045
針をつけます。
水平に、互いに干渉しないように気をつけます。
時分針の夜光テープはそのままだと厚過ぎるので表面をよく研いだカッターでそぎ取って薄くしてあります。
それでも秒針は干渉したので、分針の夜光テープに当たらないよう手で曲げました。
カナの長い4番車があればいいのですがそうはいきませんので。
手曲げ針は高級針ですよw


IMG_2049
ケーシングして完成。


IMG_2052
ルミノーバの夜光テープなので明るいです。


IMG_2046
元のファイブの文字盤からロゴのパーツを移植しています。


IMG_2050
セイコーファイブ・フリーガー・マークⅠ(SEIKO5 FLIEGER MARKⅠ)、完成です。


 アラビア数字だったら完全にマークシリーズですが、私には文字盤にプリントする技術がないのでバーインデックスです。セイコーらしくて良いんじゃないでしょうか。12時位置の三角がミリタリー&フリーガーテイストを表しています。
 文字盤の塗装ムラや目盛りのクオリティに不満が残っているのでいずれマークⅡを作るかも知れません。

➢マークⅡ製作記はこちら

〈copyrights@sugi5cats〉